通信教育での学習期間

簿記3級の検定試験は毎年2月・6月・11月に行われます。側近の検定試験日に照準をしぼって勉強を始めたいという場合、通信教育の学習期間が気になるという方もいます。学習のカリキュラムが、数か月後の試験に間に合わないと焦るよりも、側近の試験日に合わせて勉強できるカリキュラムを選びたいと思うこともあるようです。

簿記3級を通信教育で学習するときの標準学習期間は90日(3カ月)程度とされています。大原の場合、週2回ペースであれば2か月程度、毎日コツコツ学習する場合は3週間程度で修了できるとされています。フォーサイトでは側近の試験日向けのテキストを販売しているので、駆け込みで受験を考えている方でも安心です。ユーキャンでも、勉強時間を増やせば1か月程度で修了できる内容とされていますが、添削指導が10回分付いているので添削結果を自分の勉強に反映させたいと考える場合は、少しだけ勉強ペースが落ちるかもしれません。


簿記3級の通信教育を受講する際には、学習期間の短さで選ぶのも善し悪しです。学習者にとって、分かりやすいテキストであれば、ペースを上げて学習することも可能ですが、短期間で学習できることを優先させてしまうと、カリキュラムの内容についていけない、詰め込み過ぎるのでアウトプットができなくなるということにもつながります。資料請求や問い合わせを行い、カリキュラムに関してしっかり理解を深めてから受講申し込みをされることをお勧めします。